ご挨拶

更なる表面処理技術向上に向け日々チャレンジを続けて参ります。 (株)遠州クロムは、(株)ユニバンスグループの一員として、硬質クロムめっき、無電解ニッケルめっきを扱う工業用機能めっき専門メーカーです。創業より50年の経験と実績をもとに、お客様からの様々なご要求に対応させて頂きご愛顧を頂いております。

生産品目としては、自動車及びモーターサイクル用機能部品における鉄、アルミ素地製品に対し硬質クロムめっき、無電解ニッケルめっきを行っており、自動車関連のお客様を通し厳しい品質管理要求に対応しております。

現在当社が生産しております製品は、自動車及びモーターサイクルが中心となっておりますが、今後の環境変化によりお客様より求められるニーズは大きく変化していくと考えられます。又、環境面においては、地球規模でより一層厳しい環境規制への対応が求められてきます。

そのような中、当社としましては我々の持つ様々なめっき技術を通し、人々の幸せづくりと自然環境の保全に繋がるよう努力しつづけ、お客様との関わりあいを通じて地球社会に貢献していきたいと考えております。

小さな会社ではありますが、少数精鋭でお客様から頼りにされるようなめっき集団を目指し、更なる表面処理技術向上に向け日々チャレンジを続けて参ります。

めっきに関する困りごとは、是非当社へお任せ下さい。(株)遠州クロムが解決します!

代表取締役社長 杉本 直弥

経営理念

株式会社遠州クロム

グリーンシップ

人々の幸せづくりと、自然環境の保全に努力しつづけます

ブルーシップ

表面処理技術の開発にたゆみなくチャレンジしつづけます

オレンジシップ

お客様との関わりあいを通じて地球社会に貢献します

品質方針

当社は、顧客ニーズ、期待を明確にし、顧客の要求事項に応えるよう、常に高い品質の製品の提供を行う。また、自然環境の保全を常に心がけ、地域社会に貢献する。

  1. 顧客の要求に応えるべく、高い品質の製品を提供する
  2. 顧客の要求に応えるべく、製品の安定した供給を行う
  3. 自然環境の保全を心がけ、地域社会に貢献する
  4. これらを達成するため、品質マネジメントシステムを確立させ、さらに継続的な改善に努める

制定日 2007年7月2日
改訂日 2018年6月12日

環境方針

基本理念

環境問題は、人類ばかりでなく、自然環境を含む生態系の存続に関わる問題であり、わが国および世界共通の問題であると思います。
また この問題は、広く経済活動や国民生活の全般に起因するものであり、産業活動もその一因であることは否めず、当社もめっき業として密接な関わりをもっています。
弊社は、エコアクション21に参加し、以下に掲げる指針により行動することによって、これからの循環型社会の一翼を担い、取引先や周辺地域社会との新たな共生関係を築き、今後とも環境保全、省エネルギーおよび省資源の分野において更なる努力をして行きたいと思います。

行動指針

  1. 電力、ガス使用の効率化を図り、めっき業として二酸化炭素排出量の削減に努めます。
  2. 廃棄物の排出量削減と適正処理に努めます。
  3. 水の使用量の削減(節水)に努めます。
  4. 法規制に伴う水質汚濁物質(フッ素、全クロム)の排出基準値を遵守します。
  5. 排出量削減の為の技術対策に努めるとともに、毒、劇物の管理を徹底し化学物質使用量の削減に努めます。
  6. 環境に配慮した物品を優先的に購入、使用します。

制定日 2006年11月15日
改訂日 2018年6月12日

企業情報

会社名
株式会社 遠州クロム(株)ユニバンスグループ
創立
1970年(昭和45年)1月10日
資本金
1,000万円
代表者氏名
代表取締役社長 杉本 直弥
従業員数
12名(非正規社員含む)
本社/工場
〒435-0047 静岡県浜松市東区原島町518-1
TEL (053)-461-2705
FAX (053)-465-3044
E-mail encro2134@poplar.ocn.ne.jp
営業時間
8:00~17:00 土日定休
主要取引先
(50音順)
(株)小楠金属工業所、(株)協和アルテック、古山精機(株)、(株)ジャパンミヤキ、新日本ホイール工業(株)、浜松鉄工(株)、(株)富士部品製作所、千曲精密工業(株)、(株)ユニバンス、リョービ(株) 他
資格者
公害防止管理者2名、毒物・劇物取扱者2名、電気めっき技能士3名
主要取引銀行
静岡銀行ささがせ支店、浜松信用金庫 原島支店
営業品目
硬質クロムめっき(ハードクロムめっき)
・自動車、オートバイ用部品
・治具、工具、他

無電解ニッケルめっき(カニゼンめっき)
・自動車、オートバイ用部品
・電子基盤部品、他

ニッケルクロムめっき
・アルミ素地部品(量産実績有)

一品物、試作部品、他

沿革

1964年
野末勝己、浜松市泉町に個人創業
1965年
富士鉄工所(現ユニバンス)と取引開始
1970年
株式会社遠州クロム創立
1972年
浜松市原島町に本社・工場を移転、全自動硬質クロムめっきライン設置
1973年
ヤマハ発動機と取引開始
1991年
ユニバンスに株式譲渡、汚泥処理装置更新
1992年
TQC、TPM導入、新工場建設・稼動
1993年
資本金1,000万円に増資
1996年
ミニ高速めっき装置開発
1997年
TPM優秀賞受賞・ユニバンス品質管理賞受賞、排水処理装置改造
1998年
アルミ材用硬質クロムめっき導入(新規受注)
1999年
ヤマハ発動機品質改善賞受賞、無電解Niめっき導入
2004年
静岡大学工学部との研究開発
2005年
全自動アルミ材用硬質クロムめっきライン新設
2007年
エコアクション21認証・取得
2008年
ISO9001認証・取得
2011年
アルミ材用硬質クロムめっき増産
2017年
排水処理施設(フィルタープレス機)更新、全国めっき技術コンクール硬質クロムめっき部門銀賞受賞
2018年
全国めっき技術コンクール硬質クロムめっき部門金賞受賞
2019年
全国めっき技術コンクール硬質クロムめっき部門金賞受賞、全国めっき技術コンクール無電解ニッケルめっき部門金賞受賞、硬質クロムめっきラインキャリア・操作設備新設